Abstract

(In Japanese)

サービス競合(Feature Interactions)とは,複数の通信サービスを組み合わせたとき,単独サー ビスで予期しない動作が発生する不具合を指す.すべてのサービス競合を厳密に検出し,解消することは,サー ビス数及びシナリオ数の組合せ爆発により,非常に困難な問題として知られている.そこで,本研究では電話通 信サービスを対象として,サービス開発の要求段階において,「競合が起こりがちな」シナリオを低コストで導出 するための枠組みを提案する.具体的には,Use Case Maps(UCMs)と呼ばれる要求記述法のスタブプラグイ ンという概念を利用し,基本電話サービスと付加サービスのシナリオを記述する.その後,UCMs 上の三つのパ ス条件により,サービス競合が発生する可能性の高いシナリオを導出する.UCMs のシンプルなパス解析によ り,競合の可能性があるシナリオを大幅に絞り込むことができる.また,実際の携帯電話サービスに提案法を適 用して評価実験を行った.2560 の全サービスシナリオに対して,提案法の適用により競合可能シナリオを148 にまで絞り込むことができた.検証の結果,導出された競合可能シナリオには,既知のサービス競合がすべて含 まれることが分かった.更に,いくつかの新たなサービス競合を発見できた.

-- DanielAmyot - 11 Aug 2006

Discussion

  • Please feel free to discuss this article directly on this page. Constructive comments are welcomed! Please sign your TWiki name.
    • Full paper can be obtained from IEICE
    • Using UCM models, the authors have found several undesirable interactions in NTT-Docomo's features that were not mentioned in the manual (which were then updated).

FormForVirtualLibrary edit

Title Derivation and Evaluation of Feature Interaction Prone Scenarios with Use Case Maps
Authors P. Leelaprute, M. Nakamura, K. Matsumoto, and T. Kikuno
Type Journal
Conference/Journal Title IEICE Transactions on Communications (電子情報通信学会論文誌)
Volume/Number Vol.J88-B, No.7
Editors
Publisher IEICE
Month July
Year 2005
Pages 1237-1247
Keywords Feature Interactions, Interaction Filtering, Interaction Prone Scenarios, Use Case Maps, Telephony Services
Topic attachments
I Attachment Action Size Date Who Comment
IEICE2005.pdfpdf IEICE2005.pdf manage 202 K 12 Aug 2006 - 10:52 DanielAmyot Pre-publication version
Topic revision: r2 - 12 Aug 2006, DanielAmyot
This site is powered by FoswikiCopyright © by the contributing authors. All material on this collaboration platform is the property of the contributing authors.
Ideas, requests, problems regarding Foswiki? Send feedback